友達の旦那さんのタクシードライバーへの転職は大成功

私の仲の良い友達の旦那さんは最近まで運転代行サービスの会社で働いていました。彼は元々、運転するのが好きなので、お客様の車を運転して自宅まで車を送り届ける仕事は気に入っていたようです。

でもその仕事はお給料があんまり良くないので、本人も私の友達もちょっと不満に思っていたようでした。そんな時にタクシー会社の求人広告を見て、応募してみたところ幸いにも無事に合格出来て、彼はタクシードライバーへ転職しました。30代でタクシードライバーに転職する割合はどれくらいいるのか調べたら最近は結構増えてきているようですね。

その他の仕事も考えてみたようですが、運転が大好きな彼にとっては車の運転をすることが出来る、タクシードライバーの方が向いていると思ったようです。

しかも運転代行サービスの会社でドライバーをしていた時よりも待遇が良くて、給料が高くなった上に休みも取りやすくなるなど、福利厚生もちゃんとしているので、本人も私の友達もとても喜んでいます。また運転代行サービスの会社のドライバーとしてい、今までいろんな場所に行ったことがありますので、その経験と知識がタクシードライバーとして生かされているのも良いそうです。

この間は、前に運転代行を利用してくれたお客様を偶然にタクシーに乗せたことがあるみたいで、嬉しくなってついそのお客さんにそのことを話したら、そのお客さんはビックリしていたけど、そういう転職の仕方もあるのですねと言ってくれたそうです。

また乗っているタクシーは比較的、新しくて良い車なので、乗り心地や運転のしやすさがすごく良いそうです。車好きな旦那さんにとっては、それはすごく嬉しいことのようで、自分が乗るタクシーをいつもキレイに磨いているみたいです。またお客さんを乗せていない時には、一人の時間を楽しむことが出来るので、好きな音楽を聴いたり、地図で知らない道やエリアを勉強したり出来て、充実した時間を過ごすことが出来て満足している様子です。

それに色んなお客さんを乗せて、色んな話が出来るのも楽しんでいるみたいです。今までの経験を生かすことが出来て、給料や待遇が上がったタクシードライバーへの転職は本人も私の友達もとても満足しているみたいで、そういう話を聞くと、本当に良かったなと私も嬉しくなりました。タクシードライバーへの転職は成功だったと思います。